『おいでよ!どうぶつの森』 予約語一覧

予約語とは

『おいでよ!どうぶつの森』では、 同じ村に住む住人にお手紙を書くことができます。 しかし、住人たちは人間ほど賢くないので、 お手紙に書かれた言葉が理解できないことがあります。 そういう訳で、お手紙を出すときは、 住人達にも理解できる言葉が文面に含まれているように しなければなりません。 では、住人がどのような言葉だったら理解できるのでしょうか。 それは、住人自身のせりふ中で“代入”されているならば 安全牌だと推定できるでしょう。

たとえば、 「プール一杯にミルクティーを満たしてその中を泳ぎたい」 というセリフがありますよね? また別のときに同じセリフを聞くと、「ミルクティー」のところが別な飲み物に 入れ替わっていきます。 つまり、飲み物の名前だけを書いた長いリストがプログラムに 内蔵されていて、そのリストから抽出した一つをセリフの 穴埋めに使っているという訳なのです。 そこで、リストに載っている物の名前は 手紙に書いても安全だと考えられるのです。

予約語一覧

飲み物一覧

おやつ一覧

軽食一覧

雑貨一覧

手紙に書くなら、「たこやき」か「ココア」が一番文字数が少なくて便利ですかね。 とは言え、「ココア」ばかり連呼しても相手は理解できないので、

たこやき、おいしいです。
たこやき、おいしいです。
たこやき、おいしいです。

みたいにする。


最終改訂September 20, 2014

起稿September 19, 2011

表紙に戻る